hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

コラム

自分の強み、弱みを知れば人生は変わる「ストレングスファインダー」と「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

ギフトというと贈り物ですが、英語では、gift は天からの贈り物という意味で、「天性の才能、特別な能力」という意味もあるようですね。そんな映画もありましたね。

ゲームのキャラクターであれば、パラメーターとして強み、弱みがわかりますが、現実はそういうわけでにはいきません。

ですが、「ストレングスファインダー」を使えば自分の強みがわかります。

自分の才能を知ることが成功への一歩

自分の才能を知ることができれば、成功に近くなるのは誰もが否定しないと思います。ゲームのように個々人が自分のパラメーターをわかっていればそれほど楽なことはないでしょう。ちょっと新興宗教か自己啓発セミナーのような切り口になっていますが、そういうことではありません。

自分の強みを知り、強みを伸ばす

年収をあげるのも、就職・転職するのにも自分を知るということが大事です。とかく人は、自分の欠点を直そうとしがちです。確かに、他人と比較してあまりに問題のある部分は直した方がいいでしょう。
ただ、それを他人以上に高めるには、大変な努力が必要か、もしくはできないです。

成功するのに必要なのは、誰にも負けない強みを身につける必要があります。とはいえ、自分の強みって言われてもわからないとか茫洋としているというのが普通の人の感覚だと思います。

その強みを知ることができるのが「ストレングスファインダー」です。「ストレングスファインダー」は、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本を購入すると受けることのできる強み診断ソフトのようなものです。

34の強みから自分の強みの5つを知ることができる

この本では、人の強みを34に分類しています。人は、成長していく中で、そのうち5つほどを持っていると説明されています。本を購入すると診断できるサイトを利用するためのIDがついてきます。そのサイトで診断すれば、自分の強みがわかるというわけです。

私自身を含め数人の人の結果を見ましたが、非常に当たっているなと感じています。

ストレングスファインダーの結果をどう活用するのか

Amazonのレビューにも書かれていますが、ストレングスファインダーの結果は非常に当たっていると思うけど、で、それをどうしたら活かせるのか?という疑問が出てきます。

これは、本書に書かれていることではなく私個人の考えですが、出てきた5つの強みを自分の成功体験に合わせて強みが発揮できるパターンを把握することで、今後の仕事に活かすと良いと思っています。

また、ストレングスファインダーがしっくりと来ないという人は、5つの強みを1つずつ見ていて、連続性を持って把握できていないのではないかと思います。

例えば、私の場合には、下記の5つの強みがあります。(各強みはの説明は長いのですごく省略しています。)

1) 目標志向・・目標を持つ
2) 自己確信・・自分を信じる
3) 競争性・・他人に勝つ
4) 個別化・・人を知る
5) 達成欲・・達成したい

私の場合には、

相手に勝つ(競争性)を軸とした目標を立て(目標志向)それを達成(達成欲)するために動く。そのために自分に自信を持ち(自己確信)周りの人間をうまく使って動く(個別化)

という状況を作ると最も強みが発揮できるということになります。事実、このような状況ではうまくいってると感じます。ちなみに、5つの強みの強弱や順番はわかりません。そのため、人によっては、3つくらいの強みを活かすストーリーでも十分なケースもあります。

ぜひ、お試しください。

ちなみに、IDひとつにつき、1回しか診断できませんので、新品を購入しないといけません。(商売上手ですw)

さあ、才能(じぶん)に目覚めようは中古で購入してはいけません

ストレングスファインダーは、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」という本を購入することで受けることができますが、書籍1冊に対して1つしかIDがありません。ですので、中古本を購入するとストレングスファインダーを受けることができません。注意してください。

この元投稿は、ずいぶん以前に書いたのですが、現在は、新版が出ています。新版はまだ読めていないのですが、それぞれの強みの活かし方が書いているそうです。

-コラム
-,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly