wordpress ホームページ・WEB集客

WordPressの記事内にボタンを配置したい場合【Shortcodes by Angie Makesの使い方】

「Shortcodes by Angie Makesの使い方」の第2弾です。今回は、記事内にボタンを配置したい場合です。「Shortcodes by Angie Makes」を使うと目的に応じたさまざまな色のボタンを配置できます。

WordPressの記事内にボタンを配置したい場合【Shortcodes by Angie Makesの使い方】

まず、「Shortcodes by Angie Makes」を使ってボタンを配置した場合の例です。

トップページ

このようなボタンを簡単に作ることができます。

「Shortcodes by Angie Makes」でボタンの設定方法

メニューは、下記のように「Elements>Button」にあります。

「Shortcodes by Angie Makes」でボタンの設定方法

こちらをクリックすると以下のメニューが表示されます。

ボタンのメニュー

上から順に説明をしていきます。

「Button Type」はボタンとフォントの色

「Button Type」はボタンの色となります。以下の7パターンになります。

Primary Secondary Inserse Success Warning Danger Info

「URL」「タイトル」「URL Target」「URL Rel」は aタグの属性

「URL」「タイトル」「URL Target」「URL Rel」は aタグの属性となります。

URL:ボタンのリンク先
タイトル:タイトルはSEO効果などもあまり期待できないので適当でも大丈夫です。ボタン名ではないので注意ください。
URL Target:ボタンを押した場合に新しいタブで開くかどうかの設定です。
URL Rel:"nofollow"に設定するかどうかを選べます。普通の場合にはそのままで大丈夫です。

「Icon」でアイコンを表示できる

「Icon Left」や「Icon Right」でボタンにアイコンを表示できます。例えば・・・

左右にアイコンを設定してみた

となります。どのようなアイコンを選べるかは「Icon」メニューで説明します。

ボタン名は後から編集する

ボタン名は設定をする場所がありません。記事に挿入後にあとから編集します。ボタンを記事に挿入すると以下のようなショートコードが貼り付けられます。このショートコードの「Sample Content」部分をボタン名に書き換えてください。※下記ショートコードはわかりやすく赤色で表示しています。

[wc_button type="primary" url="" title="Visit Site" target="" url_rel="" icon_left="" icon_right="" position="" class=""]Sample Content[/wc_button]

【Shortcodes by Angie Makesの使い方の記事一覧】

Shortcodes by Angie Makesの紹介・インストール方法

段組み、画像をきれいに配置する方法

ボタンの設置方法

アイコンの挿入方法

-wordpress, ホームページ・WEB集客
-,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly