hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

働き方 副業

副業体験ー単発の軽作業バイトをスポーツジム代わりにしてダイエット

前回の記事「副業をするなら本業の収入アップ(ポジションアップ)する副業を選ぶ」で副業のことを書いたので、私が体験してきた副業を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




単発の軽作業系アルバイトは、きついけど体が鍛えられ、ダイエットに

学生時代は、毎日のようにアルバイトをしていたこともあって、就職をしてみて手取りの少なさにショックを受け、就職をしてすぐに副業をすることを考えるようになりました。

前回の記事では、本業につながる副業を選べと書きましたが、今回紹介する軽作業系のアルバイトは本業には繋がらないですが、健康につながります。

当時は土日と言ってもすることがなくてパチンコや競馬をする程度でしたので、土日を有効活用したいということが最初にありました。また、太りだしたこともあってスポーツジムにでも通おうかと思ったのですが、スポーツジムに払うお金ももったいないなと思い、軽作業系のアルバイトをすることになりました。

だいたい、土日の片方どちらか1日をバイトに行くという感じでしたが、夏場などは週一でも2,3キロ痩せることができ、かつ体も引き締まりました。スポーツジムは運動量を自分でコントロールしてしまいますが、仕事なので時間内はみっちりと動かないといけないのでその違いは大きいです。運動をして、かつ給料として、日当として6~8,000円程度もらえるので、本業の忙しさによって行く頻度は上下しましたが、なんだかんだで20代のうちは割とバイトに行ってました。

私は、派遣会社に登録していました。当時、社会問題になっていた「日雇派遣」という形です。

当時、社会問題となり、「日雇派遣」は禁止されたのですが、今はできないのかというとそういうわけではありません。下記の条件に該当すれば問題ありませんので、派遣会社に登録するというのもありです。

①60歳以上
②学生
③副業(メインの収入が年収500万以上)
④主たる生計者ではない(世帯収入が500万以上)

また、当時はなかったのですが、今は、短期や単発アルバイトの専門サイトもあります。個人的には、こちらの方がオススメです。

単発系の派遣会社に登録をすると、登録をしておくだけで、あとはアルバイトに行ける日を伝えておくと仕事があれば連絡をしてもらえるという形になるのですが、仕事内容を選べないことが多いです。その点、都度、応募するのは面倒ですが、単発系のアルバイトだと自分で仕事を選べます。また、アルバイト先が単発の仕事がよくある場合で、仕事内容が気に入った場合には、その都度応募しなくても、継続的に仕事をもらえる場合があります。



経験した単発系の仕事内容

では、どんな仕事を経験したかを少し紹介したいと思います。

イベント会場の設置|屋外はダイエットに最適だがきつい

単発系の仕事で多いのがイベント会場の設置系です。

地域の運動会やお祭りなどの準備の仕事は屋外になることが多いですが、体にはきついですが、ダイエットには最適です。

多くの場合には、テントを張ったり、パイプ椅子を運んだり、イベントステージの設置などです。

テスト会場などの設置|屋内の仕事は気を使うことが多く体力よりメンタルにきつい

イベント会場とも言えますが、テスト会場など屋内の仕事もあります。

資格試験のテスト会場の設置などが多く、机と椅子を並べるといった仕事が多いです。

屋内の場合には、傷をつけたらダメとか、机の設置位置を合わせないといけないとか、施設の人に小言を言われたりと体力的なことよりもメンタル的にきつかった印象が強く個人的にはあまりしたくない仕事でした。

倉庫作業などとにかく物を運ぶ仕事|ガチにきついことが多い

倉庫作業などとにかく荷物を運ぶ仕事の場合には、イベント会場の設置と似ているのですが、イベント会場の設置の場合には、運ぶものが変わったり、本職の人の作業待ちなど作業内容のきつさに波があるのですが、倉庫系はとにかく物を運ぶということが多く、ガチにきついてことが多いです。

とにかく後腐れなく、人間関係も気を使わずできるのが単発系のアルバイト副業

単発系のアルバイトを副業とすることのメリットは、とにかく後腐れなく、人間関係も気を使わずにできるということです。

正直なところ、それなりの社会人(サラリーマン)が単発系のアルバイトに行くと、現場では浮きます。現場には、若い人が多く、日々、同様の仕事をしている人が多く、普段デスクワークをしている人とは体力的にも差があれば、話題なども違うので差がでます。また、お金が無い人も多く、お昼などもコンビニの前でおにぎりで済ますような人も多いです。

続けているとそれなりに会話をする人も出てきますが、私の場合には、浮いた状態のままをヨシとして過ごしていました。

個人的には、若くて体力もあって、ひとまず休みの日を使って、月に数万円増やしたいという人には最適だと思います。また、スポーツジムに通うより当然、経済的で効果も抜群です。最近、体重の増加も著しくダイエットしないといけないと思っているのですが、さすがに40歳を超えて、何年も運動していない体では仕事をこなせる自信がないので、スポーツジムに通う代わりの選択肢としては躊躇してしまいます。。



-働き方, 副業
-,