「 副業 」 一覧

副業には大きく5つのタイプがあり、タイプによって本業に与える支障も異なってくる

2018/09/20   -働き方, 副業
 

政府は副業容認の流れだが、企業側は多くの企業が容認していないとう状況だということ、それは本業にマイナスが出てしまうからというような内容を書きました。副業と一括り書きましたが、副業にもさまざまなタイプがあります。副業は本業にプラスになるケースがあるという風潮もありますが、それぞれのタイプによってプラスの内容も違ってきます。

副業をするなら本業に支障を出さない覚悟が必要-副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

2018/09/19   -働き方, 副業
 

政府は、副業容認に向かう方向に舵を切りたいと思っていますが、企業側の調査結果として「副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念」との報道がありました。確かに企業側から見れば副業容認をするメリットは少ない場合が多いというのもわかります。私自身は会社員時代に実家の仕事を公認されて手伝っていたり、非公認で個人事業を10年以上していた経験があります。その経験をもとに副業をするということについて感じることをまとめてみました。

起業のアイデアがあれば、如何にローリスクに本業を持ちつつ実現できるかを考えて実行あるのみ

起業のアイデアがあれば、如何にローリスクに本業を持ちつつ実現できるかを考えて実行あるのみ

2018/09/17   -働き方, 起業
 ,

起業に失敗すればすべてを失うという表現をする(実際にそういう人を見てきた)というのもあながち的外れではないのかなと感じます。でも今はその必要はないです。ローコストで起業する手段がたくさんあります。そういった手段を使って、如何にローリスクにたくさんのアイデアにチャレンジできるようにするのかが重要な時代ではないかと思います。

別の角度から見た場合、ローコストで起業はできるようになりましたが、起業に失敗する確率は上がっているような気もします。それは、インターネットが普及したことで、多くの業種においてトップ数社が勝ち残る時代になり、情報伝達も早く、真似することも容易な時代ということと、先にあげたi-modeの例のように社会環境(ビジネス環境)がすぐに変化するということからです。

投資的な副業は要注意。副業はマイナスがでないことが重要

2018/05/22   -働き方, 副業
 

シェアハウスに関する投資問題でスルガ銀行が不正融資との報道がされています。今回の投資は銀行が絡んだ案件ですが、副業的に投資を持ちかけられて騙された、詐欺といった事件は毎年のように報道されます。

収入を増やさなくても使えるお金を増やすには、CtoC(個人間取引)の活用

2018/03/13   -コラム
 ,

お金の話になると年収などで判断しがちですが、実際に【使えるお金】は年収と連動しない時代になってきました。3月13日の日経新聞にて『一億総「商人」時代』【CtoC「持つより使う」】という見出しの記事がありましたのでその記事と絡めてそのことを書いていきたいと思います。

副業体験ー会社退社後にできるダブルワーク向きな仕事

2017/11/27   -働き方, 副業
 

副業としてというかダブルワークとして多いのが会社退社後に夜のお店でバイトですね。私もバーで働いていたことがあります。

副業体験ー単発の軽作業バイトをスポーツジム代わりにしてダイエット

2017/11/26   -働き方, 副業
 ,

前回の記事では、本業につながる副業を選べと書きましたが、今回紹介する軽作業系のアルバイトは本業には繋がらないですが、健康につながります。私が体験したことのある単発系の仕事体験談です。

副業をするなら本業の収入アップ(ポジションアップ)する副業を選ぶ

2017/11/25   -働き方, 副業
 

働き方改革という言葉が誕生して久しいですが、当初の残業規制の話から進展して、副業規定の見直しという話もでてきました。残業規制も厳しくなり、できた時間で本業にもつながる副業をしてみてはいかがでしょうか。

【副業解禁】3つの収入源を得ることが安定につながる

2017/11/24   -働き方
 

政府が年度内に副業容認というニュースが流れました。私は誰しもが3つの収入源を得ることを目指すべきではないかと昔から思っていました。私自身、会社には黙って副業をしていました。