「 コワーキングスペース 」 一覧

交通費と交通時間を削減するためにコワーキングスペースでテレワーク

交通費と交通時間を削減するためにコワーキングスペースでテレワーク

会社員時代、アルバイト時代には職場に行くの使う交通費が支給されることは当たり前に感じていましたが、経営者となるとこの交通費の負担は非常に大きいものだと実感するようになりました。交通費の削減を考えるならテレワークでコワーキングスペースを利用させるというのは一つの方向性だなと感じます。

台風被害などで停電やネット回線が使えない時にコワーキングスペースができること

台風被害などで停電やネット回線が使えない時にコワーキングスペースができること

大阪は今年は災害の当たり年になってしまいました。私が運営しているコワーキングスペースUmidassは大阪北部地震の発生日も台風21号の上陸日もいつもと変わらずスペース運営をしていました。その経験を通じて感じたことです。

心斎橋のコワーキングスペース「Join」

コワーキングスペース運営に失敗しないために抑えておきたいポイント

コワーキングジャパンというコワーキングスペースのポータルサイトを運営していると増加数の多さにも驚かされますが、閉店するコワーキングスペースの多さにも驚くとともに残念な気持ちになります。廃業率の数字から見ると、コワーキングスペースが儲からないビジネスモデルというわけではなく、単に経営者の能力の問題であるようにも思います。ただ、コワーキングスペース運営者は私と同じように店舗経営、運営の経験ない人も多いので、知識不足・経験不足からくる失敗もあると思います。そこで、コワーキングスペース運営に失敗しないためのポイントをピックアップしてみました。

コワーキングスペースは儲からないと言われるが飲食店よりはるかに廃業率は低い

前回の記事である「コワーキングジャパンを3年間運営して感じるコワーキングスペースの現状」に書いたように新規コワーキングスペースは増加していますが、潰れているスペースも多くあります。コワーキングスペースと収益について考察してみたいと思います。特にコワーキングスペースは儲からないと言われることが多いように思います。ですが飲食店よりはるかに廃業率は低いです。その点についてコワーキングジャパンを運営したり、さまざまなスペースの運営者とお話をする中で感じていることをまとめました。

コワーキングジャパンを3年間運営して感じること

コワーキングジャパンを3年間運営して感じるコワーキングスペースの現状

私はコワーキングジャパンというコワーキングスペースのポータルサイトを運営しています。現在の掲載件数は800件を超え、日本で一番掲載数の多いコワーキングスペースの紹介サイトだと思っています。このサイトを運営している関係で、コワーキングスペース業界の動向について登壇してもらいたいという依頼を受けたので、その原稿のベースとしてこの記事を作りました。

コモンルーム中津のデスク

コワーキングスペースはスペースによって提供サービス(仕事環境)が違う

コワーキングスペースと一口に言ってもそのサービス形態はさまざまです。特にデスクの提供のされ方はスペースによって異なります。そのタイプ分けと特長をまとめました。

コワーキングスペースを開業する場合のポイント

私がコワーキングジャパンを運営していること、郊外でコワーキングスペースUmidassを運営していることからさまざまな方からコワーキングスペースの運営についての相談を受けます。その際にお話ししていることをまとめてみました。

コワーキングスペースカフェで仕事する場合のセキュリティの問題と対策

コワーキングスペースカフェで仕事する場合のセキュリティの問題と対策

コワーキングスペースやカフェで仕事する場合にセキュリティを気にされる方は非常に多いと思います。コワーキングスペースやカフェで起きうるセキュリティ的な問題と対策をまとめてみました。基本的にコワーキングスペースを前提に書いていますが、カフェの利用でも応用できると思います。

コワーキングスペースと比較検討される類似のビジネスモデルとの違い

コワーキングスペースの運営を考えている場合、シェアオフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィス・SOHOといった類似概念のビジネスや考え方を理解しておくことは大事なことです。同列に語られることの多いこれらのビジネスモデルですが、実は同列には語りにくい要素があり、非常にわかりにくい構造となっています。

コワーキングスペースとは何か?誕生の経緯と提供サービスについて個人的に思うこと

コワーキングスペースとは何か?誕生の経緯と提供サービスについて個人的に思うこと

前回の記事でコワーキングスペースが日本全国に800件以上になっていると書きました ...

コワーキングスペースは増加の一途。コワーキングジャパンを運営してい感じる環境変化

コワーキングスペースは増加の一途。コワーキングジャパンを運営してい感じる環境変化

コワーキングジャパンというコワーキングスペースのポータルサイトを運営開始してちょうど3年が経過しました。全国のコワーキングスペースを網羅すべく始めたサービスも認知が高まり、コワーキングスペースをよく知る人間としてさまざまな人が当社に訪れます。その場でいつもお話していくことを文章化していきたいと思います。

まずは、3年間で感じる環境の変化についてです。

コワーキングスペースに関する相談が増加中/自治体と開業希望者

コワーキングスペースUmidassの運営、全国のコワーキングスペースの検索サイト【コワーキングジャパン】の運営をして約3年が経過しました。特にコワーキングジャパンに関連して私個人が新聞等に掲載されてからコワーキングスペースに関する相談が増えてきました。

勉強場所を探しているなら自習室やカフェよりもコワーキングスペースを体験してみて欲しい

コワーキングスペースを運営していると勉強目的で利用される方が多くいます。コワーキングスペースというと仕事をする人が集まっているというイメージですが、勉強場所、自習室としてコワーキングスペースを利用している人に話を聞くと勉強場所としても評価されていることがわかりましたので、コワーキングスペースを勉強場所、自習室として良い点や、カフェや自習室との比較をまとめました。

日経新聞に掲載

コワーキングスペースの最新事情について日経新聞からインタビュー

日経新聞の記者の方とのインタビューは1時間ほどでした。そのインタビュー内容から「スペースの増加」「利用者間のコミュニティ」「施設の選び方」について取り上げていただき、夕刊にコワーキングスペースの最新情報に詳しい人として掲載してもらいました。

コワーキングスペースを利用して感じたメリットとデメリット

コワーキングスペースを利用して感じたメリットとデメリット

以前に別のブログを運営していた時に書いた記事の転載になるのですが、コワーキングス ...

不寛容の時代に生まれたお互いさまが大切なコワーキングスペース

コワーキングスペースを運営しているとさまざまな人が訪れます。利用をお断りするケースはほとんどないのですが、稀にご利用を遠慮いただくケースがあります。それは、どういう人かというと、「お互いさま」を大切しない利用者の方です。

蓋をする

オフィスや事務所で配線をスッキリさせたければケーブルカバー(配線モール)

オフィスや事務所であったり、私が運営しているようなコワーキングスペースやレンタルオフィスでも言えるのですが、延長コードだらけで配線で見た目が悪くなるケースが増えています。それをきれいにすっきりするための配線カバーの使い方のポイントです。

安価なオフィス(設備)と居心地の良いスペース(オーナー)の二極化が進むコワーキングスペース

私は日本全国のコワーキングスペースを紹介するポータルサイト「コワーキング ジャパン」を運営しています。また、「コワーキング ジャパン」は、2年半ほどの運営期間ですが、私自身がコワーキングスペースを使うようになってからは4年ほどです。この間にコワーキングスペースはどんどん変化をしていていて、安価なオフィス(設備)と居心地の良いスペース(オーナー)の2極化が進んでいると強く感じます。

ショルダーバックのベルトで肩が痛い人はベルトにお金をかけてみては

ショルダーバックのベルトで肩が痛い人はショルダーパットにお金をかけてみては

毎日ノートパソコンをカバンに入れて持ち歩いている人は多いと思います。コワーキングスペースなどで仕事をしている人は毎日ノートパソコンを持ち運ばないといけません。ノートパソコンがいくら軽くなったと言ってもアダプタなどを入れると1Kgを超えてしまいます。これが原因で肩こりであったり、ベルトが肩に食い込んで痛いと思っている人も多いのではないでしょうか?ショルダーベルトを交換することで肩への負担を減らすことができます。

「MYCAFE」倒産から考えるコワーキングスペース運営とスペース選び方

名古屋を中心に全国展開をしていたコワーキングスペース「MYCAFE」が倒産したとのニュースがありました。コワーキングスペースは単なる場所貸しではなく、事業用の住所提供もしています。その責任の大きさとともに、利用者視点で見た場合に、突然住所を失うというリスクを抑えるにはどうしたらよいのか

郊外の住宅街でコワーキングスペース運営の現状と集客の取組み

今年のテーマはいろいろ考えた結果、「郊外の住宅街でコワーキングスペース運営の現状と集客の取組み」にしました。当社ではコワーキングスペースのポータルサイト「コワーキング ジャパン」も運営している関係でコワーキングスペース運営に相談に来られるかたもおられます。その時にうちの取り組みを伝えることも多いのですが、この記事を読んでくださいって言えたら楽かなというのもあります。

コワーキングスペースとは何か?シェアオフィスと違うのか?

コワーキングスペースと他事業のコラボレーション事例の紹介

多くの相談は、売上が上がらないとか、集客できないということなのですが、コワーキングスペース単体では事業的に難しい場合が多いのかなと感じます。一方で、コワーキングスペース×「他事業」でうまくバランスが取れているところもあります。そんな事例の紹介や可能性の紹介です。

コワーキングスペースとは何か?シェアオフィスと違うのか?

コワーキングスペースはシェアオフィスと違うのか?

コワーキングスペースと似た施設として、シェアオフィスがあります。コワーキングスペースとシェアオフィスがどう違うのかという点が少し話題になっていますので、私なりの考えをまとめてみました。

Qrio Hub

スマートロック導入検討QrioとAkerunは用途、目的別で選び方が変わってくる

スマートロックの導入を検討している家庭、会社、事業者が増えています。スマートロックとは従来の物理的な鍵ではなく、スマートフォンなどの機器を用いて開錠、施錠や管理をできる鍵のことです。

国内メーカーが販売している主要なスマートロックとして「Qrio」と「Akerun」があります。それぞれに機能、価格に特長があり、利用目的、用途によって導入すべきスマートロックが決まってきます。以前にUmidassのブログで両メーカーの比較記事を書きましたが、「Qrio」には外出先からも操作ができる「Qrio Hub」が発売され、「Akerun」は「Akerun Pro」が発売されましたので、あらためて比較検証をしてみたいと思います。

非IT系のリアルビジネスで起業する人こそコワーキングスペースの利用にメリットがある

コワーキングスペースというとパソコンを使ったIT系の仕事をしている人が利用する場所と思っておられるかもしれませんが、非IT系のリアルビジネスで起業する人の方がコワーキングスペースを利用するメリットは大きく、実際に利用者の多くは非IT系の人です。

お寺でコワーキングスペースをする意味。地域コミュニティの中心としての役割。

お寺でコワーキングスペースをする意味。地域コミュニティの中心としての役割。

もともとお寺というのは地域コミュニティの中心であったと思います。子供の遊び場であったり、村の集会場といった役割を果たしていたと思います。その中でお寺の人と一般の人がコミュニケーションを取ることができていたと思います。コワーキングスペースとお寺って親和性が高いと感じます。

低リスクでサロン開業をしたい人はコワーキングスペースの活用を!

低リスクでサロン開業をしたい人はコワーキングスペースの活用を!

サロン開業をしたいと思っている方はたくさんおられます。自宅開業でスタートする型もたくさんおられますが、自宅ではサロンに使うスペースがないという人もたくさんおられます。かといって、店舗を借りるとなると急激にリスクが大きくなります。

実はコワーキングスペースを活用することで低リスクで開業をして、店舗を構えている人もいます。

日経新聞からコワーキングスペースについて取材

メディア運営をすることで取材が増加|日経新聞からコワーキングスペースについて取材

先日に日経新聞の記者からコワーキングスペースについて取材を受けました。その取材結果が記事となりました。少し残念なことに電子版のみですが、これはまさにポータルサイトであるcocopoを運営している成果です。

枚方のコワーキングスペース「ひらば」

コワーキングスペースポータルサイトを運営して感じるコワーキングスペースの定義

ただ、掲載依頼をいただいてから、掲載作業をするために、そのコワーキングスペースのホームページなどを見ると「これってコワーキングスペースなのか?」と思うことも増えてきました。どうしてもコワーキングスペースとして紹介するのは難しいと思う依頼については掲載をお断りしています。

そもそも、コワーキングスペースというものの定義が曖昧なので、なかなか線引きできません。ですから、cocopo上で公式にその線引きを発信するのは難しいです。ですので、ここで私の考えているコワーキングスペースはどういうものかということをまとめたいと思います。

郊外でコワーキングスペースの運営は成立するのか?豊中市でUmidassを運営しているわけ

コワーキングスペースUmidassは豊中という郊外にあります。私がこの場所でコワーキングスペースを運営しているのは、コワーキングスペースの必要性を感じたということと、この場所でコワーキングスペースを運営することが良いと思ったからです。その理由をまとめました。