ホームページ・WEB集客

アメブロやSNSでのネット集客で成功するかしないかはターゲット次第

アメブロやSNSでのネット集客で成功するかしないかはターゲット次第

事業を始めるにあたり、ネット集客というのは必然的なものとなっていますが、ネット集客が成功するか失敗するかは、どこで集客するのかということによって結果が大きく変わります。始めてホームページを作る人は無料のアメブロやSNSを利用する傾向にありますが、そこで集客が成功するかどうかはターゲットがそこにいるのかどうかということを見極めなければいけません。

アメブロ・SNSは独自ドメインのホームページに比べ見てもらいやすいがターゲットは限られる

まず、ネット集客にあたりどこで集客するのか検討するにあたり、大きく2つの方向性があります。1つはアメブロやSNSなどの既存のツール(かつ多くの場合無料)な方法、もう一つは独自ドメインのホームページ(費用が発生する)です。誰もがコストは安くしたいと思っているので無料のサービスを利用しようと考え、結果的にアメブロやSNS、無料のホームページサービスを利用するケースが多いです。個人の趣味でブログなどを発信するのであれば、それで構いませんが、ビジネスとしてお客様を集客したいのであれば、それぞれの特長を理解して選択をしなければ事業そのものに影響が出ます。

アメブロやSNSは既存の利用者に見てもらいやすいがターゲットが限られる

アメブロやSNSは読者機能、友達機能というものがあります。リアルに親しくしているかどうかは別にしてそのサービスの中で繋がっている人に投稿を見てもらうことを前提としたサービスです。逆に言えば、そのサービスを利用していない人には見られる確率がかなり低くなります。つまり、そのサービスにターゲットとなる人が存在しなければたくさん見てもらえていたとしてもビジネスとしての成果にはつながりません。

アメブロはその傾向が顕著だと感じています。アメブロは女性起業家的な方が多くおられます。ですので、女性起業家をターゲットとしたビジネスであればアメブロは効果的に機能する確率があがります。逆に男性をターゲットにしたビジネスであれば成果が出にくくなっています。

ここではわかりやすくアメブロを例にあげましたが、はてな、Facebook、twitter、Instagramなど他人とのつながりを前提としたサービスはそれぞれに利用者の傾向があります。その利用者層と自分のビジネスのターゲットが一致しているかどうかを見極めなければいけません。

また、いずれのサービスもGoogleなどの検索エンジンでは弱い傾向にありますので、検索をしてもらって発見される確率は低いです。また、Googleの検索結果では同一ドメインの記事は3つまでしか表示されませんので、特に類似サービスが多くある場合には他に協力なライバルがいた場合には、検索で上位表示される確率がグッと下がります。

レンタルサーバを借りた独自ドメインのホームページは見てもらいにくいが検索で発見してもらいやすくなる

真逆の方法として、有料にはなりますが、レンタルサーバを借りて独自ドメインのホームページを作ると、読者機能のようなものはありませんので、閲覧してもらえる確率はグッと下がります。一方で、きちんと作れば検索エンジンで表示される確率が高いので検索エンジンからの集客ができるようになります。

こちらは一定の難易度がありますし、アメブロやSNSと同様に競合が多いと検索エンジン上での戦いも熾烈なものになりますから、ホームページを作ったことがない人にはアメブロ等以上に成功確率は低くなってしまうかもしれません。ネット集客を成功させるためにはプロのアドバイスをもらうことも大切です。ですが、そのプロにもさまざまな人がおり、きれいなホームページは作れるけど、ネットで集客という観点から見た場合には能力が低い人もいます。きちんと考え方を教えてくれるプロに出会うことが大切です。

ちょっと宣伝になってしまいますが、私の運営しているコワーキングスペースUmidassでは、そのような方に向けたマンツーマンの勉強会を開催しています。遠方の方はSlype等を使っての開催も可能ですので興味があればお問合せください。

▼ コワーキングスペースUmidassのホームページ勉強会

ことは単純ではなく組み合わせて活用していくことが大切

ここまでの話では、2択のうちどちらを選ぶかみたいな感じになっていますが、そんなに単純ではなくどのように組み合わせて使っていくかということが大切です。

アメブロであろうと、独自ドメインのホームページであろうと、そのほかのサービスであろうと、その記事を各SNSで拡散することができます。とはいえ、あれもこれもすることはできませんので、そこにいるターゲットを見極めて、効率よく使っていくことを考えないといけません。積み上げる努力が美徳とされがちですが、いかに効率よくできるかを考える努力が大切です。

アメブロを使うことを否定しているような記事になってしまいましたが、アメブロでの集客がうまくいくかどうかもターゲットと使い方次第です。私がアメブロ集客でネットショップの集客をした事例の記事を紹介して締めくくりとさせていただきます。

-ホームページ・WEB集客
-,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly