hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

ネットショップ ネットショップの集客方法

SEOはテクニックではなく訪問者のためのサイト作りが重要【営業電話に騙されないで】

SEOはテクニックではなく訪問者のためのサイト作りが重要【営業電話に騙されないで】

ネットショップを運営しているとSEOに関する営業電話が山のように掛かってきます。「あなたのネットショップなら検索上位に表示できます」と甘い言葉を投げかけてきます。確かに、検索エンジンからの流入からだけで売上があがれば広告費が掛からず言うことはありませんので、SEO対策に躍起になっている人が多いです。本当のSEO対策とは何か理解すれば難しいことではありません。

真のSEOはテクニックではなく顧客満足を考えたサイト作り

ネットショップに限らず、WEBサイトやホームページの運営においてSEOは非常に重要です。

SEOはコストが発生せずに多くのアクセスを稼げるというイメージがありますので、社長や上司に口うるさく言われている人も多くいるでしょう。

ですが、コストが発生せずにというのは実は本当ではありません。検索で上位に表示されるようにするためには多くの作業が必要となります。また、一度対応すれば終わりということではなくキャッチアップしていく必要がありますので、コストは発生し続けます。

テクニックでSEO対策ができる時代は終わりつつある

かつては、ホームページ上にキーワードを詰め込んだり、サイトへのリンクを増やせば検索エンジンで上位に表示されました。ですが、今ではそのようなことでは上位表示されません。

なぜかというと

Googleは、訪問者が有益に感じるサイトを上位に表示したい

からです。

そして、Googleは進化し続けています。そもそもSEOに関するテクニックは、Googleが訪問者にとって有益なサイトと判定する要素を抽出したものです。かつてはGoogleもページに書かれている情報だけをもとにページの評価をしていました。

今では、単純にページに書かれていることだけでなく、サイト訪問者の動き、競合サイトとの比較など多くの要素を使ってページの評価をしており、テクニックは役に立たなくなってきています。

訪問者が有益に感じるサイトとは?

では、訪問者が有益に感じるサイトとはどのようなものかと言うと、訪れた人がこのサイトが良いと思い、しっかり使ってくれることです。

Googleは訪問者の動きも見ています

恐るべしGoogleです。あらゆるデータを元に訪問者が有益に感じているかどうかを判断するAI(人工知能)がいると言われています。

ネットショップに訪れたときに、買いたいと思っているものを探せる、買おうか悩んでいる商品の情報が手に入るそういったことこそが重要です。

そもそもSEOのテクニックは難しい。ネットショップオーナーには限界がある

そもそもSEOはテクニックで対策をしようとすると非常に難しいです。また、最新情報をキャッチアップし続けなければいけません。

どれくらいSEOが難しいかという一例にリブセンスの話をさせていただきます。 リブセンスとは、史上最年少で一部上場した求人サイトを運営する会社です。 リブセンスは、SEOに力を注力することで、成功してきたい側面が非常に強いと思っています。 ですが、現在、検索エンジンでの評価が非常に下がり、業績が悪化しています。 つまりSEOを軸にサイトを運営している一部上場企業ですら、キャッチアップし続けれないということです。

一介のネットショップオーナーにできることは限られているわけです。

SEOのテクニックはHTMLの本質的な面を押さえること

SEOにテクニックがあるとすれば、HTMLの本質的な面を押さえることです。

HTMLはもともと学術論文などに利用するために作られてた言語です。論文において重要なワードが何かと言ったことを伝えるために最適化された言語です。

ですから、その言語に従ったページ作りが基本となります。これだけはテクニックとしてきちんとマスターする必要があります。

重要な点は、極論すればタイトルと見出し(Hタグ)です。ページの内容を正確にかつ必要なワードが入った長すぎないタイトルと、ページの構成に従った見出しを適切な内容とワードで書くだけでGoogleにページの内容を正確に伝わるようにすることが大事です。

簡単な方法は、SEOに優れたテンプレート等を使うこと

そして、何よりもSEOに優れたテンプレートなどを使うようにしましょう。カラーミーショップであれば有料のSEOテンプレートを使う、WordPressであればSEOに強いと言われているテンプレートを使うということです。

間違っても、初心者のうちからゼロベースでサイト作りなどをしないでください。

SEOコンサルタントと契約するなら広告費用に回した方が良い

ネットショップを運営しているとSEO対策をしますという会社からの営業電話が止まりません。

SEO対策会社と契約すると1キーワードで10万円以上のコストが発生します。そして、その対策が終わったころには、検索エンジンがアップデートしましたということで次の対策を提案してきます。 そんないたちごっこになります。場合によっては、そのコストをgoogleなりYahooなりの広告に使っていたほうが成果があったということになりかねません。

そもそも検索エンジン側のサイトに対する評価方法は公開されていませんので、どうすれば効果がでるのかということは不透明です。 また、競合サイトがどれくらいのレベルで対策をしているのかということによっても変わってきます。

契約を考えているなら少なくとも

「SEO」で検索してその会社が上位に表示されるかチェックしてください

ほとんどの会社が出てきません。そんな会社にSEO対策を依頼しても結果は見えてきます。

-ネットショップ, ネットショップの集客方法
-,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly