hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

ネットショップ ネットショップの種類

独自ドメインのネットショップ、モール、オークション、アフィリエイトの比較

独自ドメインのネットショップ、モール、オークション、アフィリエイトの比較

ネットショップの運用形態として、独自ドメインのネットショップ、ショッピングモールへの出店、オークション・フリマ系サービスへの出店、アフィリエイトなどがあるという説明を以前に書きましたが、この4つの出店形態のメリット、デメリットについてまとめました。

商材や運営方針によって最適なネットショップ運用形態は異なる

すでに書いたようにネットショップの運用形態として下記の4タイプがあります。

  • 独自ドメインでASPサービスを利用してのネットショップ運営
  • 楽天、Yahooなどショッピングモールへの出店
  • ヤフオク、Amazon、メルカリなどでの商品販売
  • アフィリエイトやドロップシッピングなどの情報提供型

それでは、詳細に説明をしていきます。

独自ドメインでのASPを利用したネットショップ運営のメリット・デメリット

ネットショップとしては、王道になるのが独自ドメインでのネットショップ運営です。王道というとモールへの出店をイメージする人も多いと思いますが、すべて自店の力で運営する独自ドメインによるネットショップ運営こそが王道だと思います。

独自ドメインによるネットショップ運営というのは、ネットショップASPというサービスを利用して運利をしていきます。代表的なASPサービスとして「カラーミーショップ」や「MakeShop」などがあります。

ネットショップを運営するのであれば、最初に取り組み、そして最後には独自ドメインのネットショップの売上を最大化することをを目指すことが大事です。

独自ドメインでのネットショップ運営のメリット

  • サイトを自由にカスタマイズできる
  • 売上に対しての課金などはないため、成功すれば最も利益率が高くなる
  • 顧客へのアプローチ(顧客管理)がしやすい。
  • 出店料などがかからない(一時的に休止などがしやすい) ※サーバ代は必要

独自ドメインでのネットショップ運営のデメリット

  • 集客が難しい
  • サイト構築などをすべて自分でしないといけない
  • 信頼、信用性が低くなる

楽天、Yahooなどショッピングモールへの出店のメリット・デメリット

次に紹介するおんは、楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモール上での運営です。これからネットショップを始めるという人にとっては最もイメージしやすい運営形態です。

楽天、Yahoo!などのモールでのネットショップ運営のメリット

  • 圧倒的な集客力がある
  • 信頼を得やすい
  • 担当営業からのアドバイスをもらえる。

楽天、Yahoo!などのモールでのネットショップ運営のデメリット

  • 売れ行きに関係なく月額費用が発生し、売れた場合にも手数料が必要
  • 出店数が多いために、モール内の広告を出稿しないと売上があがらない
  • 顧客管理(メルマガ等)はモール側の仕組みに依存する
  • 価格競争や信用度などを他店と比較されやすい
  • 契約期間が1年縛りのケースでは解約タイミングが限られる

ヤフオク・Amazonマーケットプレイス、メルカリ等での商品販売のメリット・デメリット

ヤフオクやAmazonマーケットプレイス、メルカリでは個人レベルで1商品からの販売ができます。ネットショップを本格的に始める前にはこういったスタイルで始めることをおススメします。

ヤフオク・Amazonマーケットプレイス・メルカリでの商品販売のメリット

  • 圧倒的な集客力がある
  • 商品があるときだけ販売ができる
  • 商品説明のみを作成すればよい

ヤフオク・Amazonマーケットプレイス・メルカリでの商品販売のデメリット

  • 価格競争になりやすい
  • デザインなどを自由に変更できない
  • 顧客管理や販売管理などが運営サイトの仕組みに従わなければならない

アフィリエイトやドロップシッピングのメリット・デメリット

アフィリエイトやドロップシッピングはネットショップとは言いにくいですが、副業でネットショップを考えている人にとっては選択肢の一つですので、ネットショップの運営形態の一つとして紹介させていただきます。

アフィリエイトやドロップシッピングのメリット

  • 在庫をもたなくてよい
  • 梱包や発送などの必要がないので、販売、サイト構築に集中できる

アフィリエイトやドロップシッピングのデメリット

  • 利益率が低い
  • 価格設定が他店と似るので、差別化がしにくい

最適な運営形態は事業の状況や商材によって異なる

運営形態とそのメリット、デメリットをまとめましたが、どの運営形態が正解ということはありません。事業の状況や商材によって最適な運営形態は異なってきます。

商品単位の販売からスタートして独自ドメインのネットショップに移行

小規模で個人で開業していくということであれば、「3,ヤフオク、Amazon、メルカリなどでの商品販売」にて、商品力などを確認してから「1.独自ドメインでのサービス運営」への移行という形をおススメしています。

モールは、投資金額が大きくなり、運営ノウハウも必要となるので多店舗展開時に利用します。

一見、「2.楽天、Yahooなどモールでの運営」や「4.アフィリエイトやドロップシッピングなどの情報提供型」がよさそうに思いますが、モールへの出店は、費用が高くかつ、モール内広告も必要となり、毎月、それなりの売上が必要となります。

また、売上を大きくするためには、その分の在庫が必要となり、受注、商品発送対応やメルマガ等のリピート対応などのノウハウが必要となってきます。ある程度の資本や確実な商材があるということであれば別ですが、そうでなければ、独自サイトが軌道にのってから、モールにも追加で出店という形がよいと思います。

「4.アフィリエイトやドロップシッピングなどの情報提供型」は、どうしても利益が少なくなり、リスクが無いということもあり、途中で投げ出してしまうパターンが多いように思います。

-ネットショップ, ネットショップの種類
-, , , , ,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly