hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

コワーキングスペース

勉強場所を探しているなら自習室やカフェよりもコワーキングスペースを体験してみて欲しい

勉強場所を探しているなら自習室やカフェよりもコワーキングスペースを体験してみて欲しい

コワーキングスペースを運営していると勉強目的で利用される方が多くいます。コワーキングスペースというと仕事をする人が集まっているというイメージですが、勉強場所、自習室としてコワーキングスペースを利用している人に話を聞くと勉強場所としても評価されていることがわかりましたので、コワーキングスペースを勉強場所、自習室として良い点や、カフェや自習室との比較をまとめました。

コワーキングスペースは仕事する場所というわけでもなく、自習室としてもメリットが多い

社会人になってからも資格取得などで勉強をしている方は多くいます。ですが、勉強をする場所というのは、意外と見つけにくいものです。

自宅での勉強はさまざまな誘惑があったり、家族がいるとなかなか手中できずに捗らない

勉強というと自宅ですれば良いじゃないかと思うかもしれませんが、自宅は集中して勉強をするのは難しいものです。自宅だとテレビや漫画や趣味のことに誘惑されるという問題や家族を持つと、子供部屋のように自分専用の部屋があるわけでもなく、仮にあったとしても家族から家事の手伝いをお願いされたり、特に小さいお子さんがいると長時間集中した時間を取るというのはなかなか難しいものです。子供がある程度の年齢になると子供が宿題等をしているときに一緒に勉強するということもできなくはないですが、子供が低学年だと子供はすぐに宿題を終えてしまいますし、一方で中学生以上になると悲しいことに子供から拒否されたりしてしまいます。

資格学校の自習室に通うのは距離があって難しいケースも多い

資格取得の勉強をされる方は、資格学校に通うか、通信講座などを受講しています。資格学校に通っておられる方は資格学校に自習室があるところも多いですが、資格学校というのは都心部にあることが多いのでわざわざ電車に乗って出かけないといけません。

特に仕事帰りに受講に便利な資格学校を選んだ場合には、週末にわざわざ遠くまで出掛けないといけなかったり、逆に週末に受講しやすい自宅から近い立地の資格学校を選んだ場合には仕事帰りには立ち寄ることができなくなります。

 

勉強場所というとカフェや図書館をイメージするが、集中できなかったり、勉強利用不可のところも多い

自宅意外の勉強場所というとカフェや図書館をイメージしますが、これがイメージのようにいかないものです。

まず、社会人が勉強する場合、その勉強時間は大きく3つです。

  • 土日等、会社が休みの日に朝から夜までがっつりと勉強
  • 会社の始業時間前の早朝に勉強
  • 会社の終業後、終身までの間に勉強

このような時間帯というのは、カフェや図書館では勉強が難しいことが多いです。

カフェの場合、早朝については会社の近くで早朝から営業しているカフェがあれば、比較的、お客さまも少なく勉強できますが、土日は多くのお客さまがいるため、長時間、居座り続けるには居心地が悪かったり、お店によっては長時間の勉強利用を禁止しています。また、夜は閉店時間が早いお店も多く仕事帰りに利用しにくいケースが多いです。

また、カフェで勉強するデメリットとして、会社の近くの場合には、会社の同僚や上司、部下などに勉強しているところも見つかるという問題もあります。会社で資格取得の勉強をしていることを公言できる場合には問題ないですが、会社にばれたくないという場合には、一番大きな問題とも言えます。

自習利用を禁止している図書館が増えている

次に図書館の場合ですが、最近では多くの自治体で図書館での自習利用を禁止しています。そもそも図書館の自習エリアというのが図書館の蔵書を読むためや、持ち出し禁止の資料を見る場所として提供されていることが多く、1人の人が長時間にわたって座席を占拠するということに対しては本来の利用者からのクレームも多いそうです。また、そもそも、早朝や夜間には閉館しているところが大半です。

有料自習室は月額料金のところが多く、コスパがいまいちなのと管理人不在なので不安感がある人も多い

次に考えるのは有料自習室です。最近では、勉強する社会人が増えたこととビルの空きテナントの活用として都心部だけでなく郊外にも有料自習室が増えています。

有料自習室は、事業上の観点から、管理人不在の無人営業のところが多いです。カフェのようにお客さまの回転が良いわけでなく、接客もほとんど不要なのでコアな時間帯を除いて、管理人不在で利用者はカードキーなどを利用して入室して利用するところが多いです。逆にそのような運用体制のため、24時間営業のところも多いです

そのような営業体制のため、利用者は基本的に月額での契約となります。社会人の場合、仕事の状況によって月によっては利用する時間が少なかったり、そもそも勉強に使える時間が少ないので月額を払うほどではないという人も多いです。

また、管理人不在のため、特に女性の場合には、セキュリティ的な不安を感じる人も多いそうです。多くの自習室では座席がパーティションで区切られています。集中していると周りが見えないのですが、お手洗い等でふと席から立つとフロアには見知らぬ男性と2人きりという状況もあります。有料自習室では多くの場合、トラブルが無いように防犯カメラなどが設置されていますが、それでも不安を感じてしまうものです。

コワーキングスペースは一時利用もでき、コミュニケーションが発生しているので人間関係のある中で利用できる

最後に勉強場所の可能性として紹介するのはコワーキングスペースです。

勉強場所として見た場合のコワーキングスペースの特長は、時間単位・日単位の一時利用ができるということと管理人(スタッフ)が常駐しているということ、オープンスペースということがあります。

多くのコワーキングスペースでは一時利用ができます。料金体系はさまざまですが、1時間200~500円ぐらいで、1日利用だと1,000~2,000円くらいのところが多いです。月によって利用できる時間にばらつきがある人は月額での契約をしなくても済みます。

また、多くのスペースは仕切りの無いオープンなスペースで、管理人の人がいますので、見知らぬ人と2人きりという状況は少ないです。また、コミュニティレベルはスペースによりますが、多くのスペースであいさつを交わす程度の人間関係ができます。その点でも安心感を覚える女性が多いようです。

コワーキングスペースを勉強場所として活用する副次的なメリットとして勉強仲間が見つかったり、将来の仕事につながったりする

コワーキングスペースを勉強場所として活用するもう一つのメリットとして、コワーキングスペースにはコミュニティがあるので、同じような資格取得を目指している勉強仲間ができることもあります。勉強に関する情報交換などの直接的なメリットもあれば、あの人も頑張っているから自分も頑張ろうと思えるメンタル的な効果もあります。

また、コワーキングスペースには事業者が多く集まっていますので、そのコミュニティにゆるやかにでも参加していることで資格を取得して開業、起業をした場合に有用なつながりとなるケースも多いです。直接的にお客さまになるケースもあれば、人間関係が築けていればお客さまを紹介してもらえるケースもあるでしょう。

また、利用時間についても、仕事帰りに仕事や副業するサラリーマンをターゲットとしているところが多いため平日の夜は遅くまで営業しているケースが多いです。土日に営業しているところも増え、最近では月額契約をすれば早朝利用できるところも増えています。一方で、フリーランス・事業主だけをターゲットの場合には、いわゆる会社の営業時間に近いような9時~19時の営業で日曜は休みというところも多いので、その点は自分の利用時間帯に営業しているコワーキングスペースを見つける必要があります。

勉強に集中できるのはオープンなコワーキングスペースなのか静音重視の有料自習室なのか

コワーキングスペースはオープンなスペースが多く、会話などがOKの場所も多いです。会社の事務所をイメージしてもらうと良いかもしれません。集中して作業している人もいれば、電話している人もいるという感じです。

一方で有料自習室はパーティションで区切られ静音性を高めているところが多いです。そのため、パソコンどころか電卓も利用できないところも多いです。コワーキングスペースでもオープンなスペースと集中スペースで区切っているところも多いです。

どちらの方が勉強に適しているのかという点については個人差があります。ぱっと考えると静かな空間の方が集中できるように思いますし、実際に静かな空間でないと集中できないという人も多くいます。一方で脳科学的には人間は集中するためにある程度の雑音が必要という研究結果もあり、自然音のBGM程度が大事という説もあります。

この点については学説的なことだけでなく個人差もあるので、ベストな環境は個々人で見つけてもらう必要がありますので結論はないです。

勉強に特化しているコワーキングスペースもある【勉強カフェの紹介】

勉強に特化しているコワーキングスペースもあります。「勉強カフェ」というスペースで全国展開中です。有料自習室がコワーキングスペースぽく運営しているのか、コワーキングスペースが自習室ぽく運営しているのかは知りませんが、客観的には前者のように思います。

勉強に集中できる環境だけでなく、目標達成のためのさまざまな仕組みが導入されています。その様子を以前に取材記事として書いたので良ければ読んでください。こちらは大阪本町の勉強カフェの取り組みですが、地域によって地域性に合わせた取り組みをしているそうです。

全国の勉強カフェの一覧はこちらです。

郊外のコワーキングスペースは勉強目的利用者が多いかも

コワーキングスペースと一口に言ってもさまざまな運営方針を持っています。ほとんどの利用者が起業家やフリーランスしかいないコワーキングスペースもあります。

その中でも郊外のコワーキングスペースは勉強目的利用者が多いようです。私が運営しているコワーキングスペースUmidassも郊外ですが、3分の1ほどの利用者の方は勉強目的です。

全国のコワーキングスペースが私が運営しているコワーキングジャパンにて検索できます。(日本最大の掲載件数です!)ぜひ、活用してみてください。

 

-コワーキングスペース
-,

【ブックマーク等はこちら】
【RSS、feedly、twitterでのフォロー】
RSS follow us in feedly