hatahiromasa.com

コワーキングスペースアドバイザー&WEBのプロ&お寺の副住職なブログ

コワーキングスペース

低リスクでサロン開業をしたい人はコワーキングスペースの活用を!

低リスクでサロン開業をしたい人はコワーキングスペースの活用を!

サロン開業をしたいと思っている方はたくさんおられます。自宅開業でスタートする型もたくさんおられますが、自宅ではサロンに使うスペースがないという人もたくさんおられます。かといって、店舗を借りるとなると急激にリスクが大きくなります。

実はコワーキングスペースを活用することで低リスクで開業をして、店舗を構えている人もいます。

スポンサーリンク




コワーキングスペースを利用して低リスクでサロン開業をするというのはどういうことか?

サロンと一口に言ってもアロマ、ネイル、整体、マッサージなどさまざまなジャンルがありますが、これから紹介する方法はあらゆる業種において活用できる可能性があります。

詳細は後程書きますが、すべてのコワーキングスペースで活用できる方法ではありません。その点は留意して参考にしてください。

サロン開業におけるリスクとは?

まず、サロン開業する場合のリスクについて考えてみましょう。ばっくりとは場所代の問題と集客の問題があります。

やはり何と言っても問題は場所を借りて開業した場合には、家賃、光熱費等の固定費が大きく発生します。

そして、すぐにお客さまに来ていただけるわけではないので、集客をどうするのかという問題があります。

集客ができ、固定費を上回る売上ができるまでは、お金が減り続けることになります。また、集客のためにオーナーが活動をしようと思えば、店番の問題がでてきますので、場合によっては人を雇用しないといけなくなります。

自宅開業はリスクは少ないが限界もある

自宅開業をした場合には、あらたに費用が発生するわけではありませんので、リスクは少ないです。ですが、自宅開業には限界もあります。

  • 立地が住宅街の中になる
  • 看板などが出しにくい、出せない場合がある
  • 利用できる広さが限られている
  • 家族がいると生活感が出てしまい、イメージが悪い
  • 住所を公開する必要があり、個人情報が不安

などです。もちろんサロン開業を意識して、立地でや店舗と住居が一体となった建物などにしている方であれば、問題が少ないケースもあります。逆にマンション等で営利目的の事業をしてはいけない契約になっていたり、そもそも空き部屋が無い場合には自宅開業というのは選択肢に入れることができません。

コワーキングスペースを活用して実績、固定客を掴んでサロン開業することで低リスクで始めることができる

うちで営業しているコワーキングスペースUmidassでも将来は店舗を持ちたいが、現在はUmidassで開業している人もいます。

では、コワーキングスペースで開業するメリットとはどういうことなのかというと・・

利用した時間だけ場所代を支払えばよい

何よりも大きなメリットは利用した時間分だけ場所代を支払えばよいということです。ネイルのように机と椅子さえあれば構わない場合には、自分の分とお客さまの利用料だけを支払えばよいので非常に安くつきます。

また、小さな会議室、レンタルスペースを持っているコワーキングスペースも多いので、整体やマッサージなどではそういった部屋を利用する時間だけ借りることで場所代を安くすることができます。

コワーキングスペースのお客さまに営業ができ、将来の固定客にできる

コワーキングスペースというのはすでに人が集まっている空間です。コワーキングスペース内での営業することに許可をいただければ、スペース内で営業することができます。

そうやってスペース内でお客さまを見つけ、気に入ってもらい将来の固定客にするということができます。

コワーキングスペースにはパソコン作業で肩こりを抱えている人も多いので、クイックマッサージ的なものをすればお客さまを獲得できる可能性があります。

固定の場所に捉われずに活動できる/自宅の住所を開示しなくても良い

複数のコワーキングスペースで活動をすれば、場所を固定せずに活動をすることができます。

また、自宅の住所を公開することが不安な人にとっては、自宅の住所を公開しなくてもよくなるというメリットもあります。

ホームページ作成やパソコン操作などに詳しい人に出会える

サロン開業するとホームページが必要になります。また、顧客管理などパソコンを使うことが増えます。

コワーキングスペースでは、ホームページでのWEB集客やパソコン作業についてセミナーをしていたり、個人レッスンをしている人がいます。

そういった人と出会うことで事業運営がスムーズになります。

すべての時間をサロン経営にあてる必要がないので他の仕事もできる

店舗を借りてサロン経営をし始めるとすべての時間をサロン経営にあてないといけなくなります。(必ずしもではありませんが、場所代やお客さまからのイメージを考えると休業日は少ない方が良いですからね)

コワーキングスペースを借りて開業する場合には、全曜日を営業する必要はありませんので、サロン経営が軌道にのるまでアルバイトであったり、他の仕事をすることでお金を稼ぐこともできます。

スポンサーリンク




 すべてのコワーキングスペースがサロンとして利用できるわけではありません

コワーキングスペースによって、その運営方針も違えば、レイアウトも異なります。そのため、上記のメリットがどのコワーキングスペースでも受けれるわけではありません。

スペース内の営業活動やデスクでのネイル等の作業は禁止しているコワーキングスペースもあります。また、料金についてもさまざまですので、激安というわけにはいきません。

しかしながら、大きな固定費を持たずにさまざまな場所で営業を開始して、固定のお客さまをある程度確保してから、店舗を借りることで売上0の状態は回避できます。また、うまくいかない場合にはすぐに業態変更やサービス変更などもできますし、閉店するにもお金がかかりません。(店舗でしたら、一定期間の家賃は必要になり現状回復も必要)

まずは気になるコワーキングスペースに相談をしてみてください。サロンとしては利用できないコワーキングスペースでも相談は乗ってくれると思います。

ちなみにUmidassでは、和室があるのでマッサージや整体の施術場所として利用されています。ローカルな小さなコワーキングスペースですのでスペース内営業はあまり効果がありませんが、他のスペースと併用されながらお客さまを獲得されている方も多くいます。

コワーキングスペースを探すならcocopoをぜひ活用してください。

co-co-po.com

-コワーキングスペース
-, , ,